qrcode.png
http://shizukichi-art.com/
モバイルサイトにアクセス!
 
■吉祥寺美術学院
〒180-0006
東京都武蔵野市中町3-23-13
ロイヤルヒルズB1
TEL.0422-50-0322
FAX.0422-50-0344
 
 
 
 
■静岡美術学院
〒420-0013
静岡県静岡市葵区八千代町24
TEL.054-272-3364
FAX.054-272-3379
 
 
 

8/13 partⅡ空族【締切】

 

[私たちのやり方」【『FURUSATO2009』(50分)上映】

[私たちのやり方」【『FURUSATO2009』(50分)上映】
 
映像制作集団・空族とは何ものなのか? そのユニークな制作手法について聞きつつ、「映画」(作品)が立ち上がる場をともに考えます。私たちにとって、これからの映画とは?
※映画『サウダーヂ』へ至るリサーチ映像を編集して、新たな息吹を与えた傑作ドキュメンタリー『FURUSATO2009』(50分)上映。
※上映後にトーク(空族史、影響を受けているもの、制作手法、スピリット、昔ながらの映画業界との違い、etc.)、参加者と語り合います。
 
プロフィール
空族
映像制作集団。2004年、“作りたい映画を勝手に作り、勝手に上映する”をモットーに、『空族』を名のりはじめる。常識にとらわれない、毎回長期間に及 ぶ独特の映画制作スタイル。作品ごとに合わせた配給、宣伝も自ら行ない、作品はすべて未ソフト化という独自路線をひた走る。テーマは日本に留まらず、広く アジアを見据えている。
富田克也 1972年山梨県生まれ。2003年に発表した処女作、『雲の上』が「映画美学校映画祭2004」にてスカラシップを獲得。これをもとに制作した『国道 20号線』を2007年に発表。『サウダーヂ』(’11)ではナント三大陸映画祭グランプリ、ロカルノ国際映画祭独立批評家連盟特別賞を受賞。国内では、 高崎映画祭最優秀作品賞、毎日映画コンクール優秀作品賞&監督賞をW受賞。その後、フランスでも全国公開された。最新作はオムニバス作品、 『チェンライの娘 (『同じ星下、それぞれ夜より』)』(’12)。
相澤虎之助 1974年埼玉県生まれ。早稲田大学シネマ研究会を経て空族に参加。監督作、『花物語バビロン』(’97) が山形国際ドキュメンタリー映画祭にて上映。『かたびら街』(’03)は富田監督作品『雲の上』と共に7ヶ月間にわたり公開。空族結成以来、『国道20号 線』(’07)、『サウダーヂ』(’11) 『チェンライの娘』(’12)と、富田監督作品の共同脚本を務めている。自身監督最新作はライフワークである東南アジア三部作の第2弾、『バビロン2 THE OZAWA』(’12)。