吉祥寺美術学院|静岡美術学院|綜合デザイン研究所

qrcode.png
http://shizukichi-art.com/
モバイルサイトにアクセス!
 
■吉祥寺美術学院
〒180-0006
東京都武蔵野市中町3-23-13
ロイヤルヒルズB1
TEL.0422-50-0322
FAX.0422-50-0344
 
 
 
 
■静岡美術学院
〒420-0013
静岡県静岡市葵区八千代町24
TEL.054-272-3364
FAX.054-272-3379
 
 
 
 

デッサン無料体験、随時受付中!

デッサン無料体験、随時受付中!
 
●お試し無料体験コース(受験科・絵画教室)
 それぞれの経験に合わせたモチーフで、初めての方でもわかりやすく指導します。
 
対象:中学生・高校生(絵画教室ご希望の方も可能です)
参加費:無料
鉛筆デッサン用具を貸し出します。
時間:2~3時間 ※ご希望の日時をご予約ください。
参加者特典:夏期講習会の申込料、半額免除!
 
もっとじっくり取り組みたい…という方は…
●デッサン用具がそろう!!
1週間お試し夜間部体験コース(受験科・絵画教室)
昼間は学校に通い、夜間にアトリエで制作。そんな一週間を、お試しで体験することができます。一週間の中で、何日でもご希望の日数を体験できます。
さらにデッサン用具を差し上げますので、スタートの準備としても最適!
 
対象:中学生・高校生(絵画教室ご希望の方も可能です)
参加費:5000円(デッサン用具を含む)
 
いずれも予約が必要です。お電話またはお問合せフォームからご予約ください。(※お急ぎの場合はお電話にてご連絡ください。)
 
 
 

2019夏期講習(7/22~8/24)開催

2019夏期講習(7/22~8/24)開催
 
夏期講習会は、受験生にとって実力をつける大切な時期です。
吉祥寺美術学院・静岡美術学院では、A~E(7/22~8/24)の各クールごとに設けられた造形テーマに意識的に取り組むことで、総合力が身につくようカリキュラムが組まれています。
 
Aクール 7/22~7/27
Bクール 7/29~8/3
Cクール 8/5~8/10
Dクール 8/12~8/17
Eクール 8/19~8/24
  
(カリキュラム、講習会費等詳細、近日告知) 
 
また部活動などの都合で決められたクールの日程で受講が難しい中高校生も、個別に合わせたカリキュラムの受講が可能になっています。(希望者は要相談)学校の活動とあわせてなるべくたくさんの制作ができるように、昼間部と夜間部も選択できます。それぞれの日程に合わせて受けられるカリキュラムを上手に受講して、充実した夏にしましょう!
 

募集要項・学費

募集要項・学費
 
吉祥寺美術学院
↑吉祥寺美術学院
 
静岡美術学院
↑静岡美術学院
 

「以外、以前、中枢」第四回※終了しました

「以外、以前、中枢」第四回※終了しました
 
「以外、以前、中枢」第四回
 
" 近作を中心に、七里圭、自作を語る "
 
映画監督・七里圭「音から作る映画」の成り立ちからこれまでを振り返るトークイベントと参考上映
映画批評家・桑野仁による詳細なインタビューでプロジェクトの秘密を解き明かす
 
2018年の春から始まった、このトークイベント&上映企画「以外、以前、中枢」。昨夏に行われた特別番外編を経て、久々に再始動した第四回は、2016年、京都市芸術センターにおいて、78畳ある大広間の床と天井、障子や襖をフルに活用し、詩と映像、アクスモによる音響再生を組み合わせて披露された伝説的インスタレーション『入院患者たち』を中心に(翌年には、奈良の木造廃屋に会場を移して再演)、話を伺いたいと思います。
「音から作る映画」シリーズの中の一編『サロメの娘』のスピンオフとして生み落とされたこの怪作は、はたしてどのようにして構想され、いかなる舞台セッティングのもとに上映が実現されたのか。そしてまた、思わず観客にも感染して中毒患者が続出しかねない、謎の「ワンゲル体操」とは何か。当日の会場で収録された貴重な記録映像などを参考上映しながら、七里監督の妄想炸裂の不思議な作品世界の魅力に、今回もゆるゆると迫ります。(桑野仁)

参考上映あり

日時:2019年5月30日(木)
open/18:00 start/18:30
場所:吉祥寺美術学院
武蔵野市中町3-23-13ロイヤルヒルズB1
会費:¥2000
予約フォーム↓
http://shizukichi-art.com/smarts/index/108/
 

ポストカードお申込

ポストカードお申込
 
TOYOYUKI AKIYAMA POSTCARDS SERECT1 
秋山豊之作品ポストカードご注文はこちらから↓
 
 

※終了しました。2019春期講習会

※終了しました。2019春期講習会
 
春期講習会 3/22~4/2
新しい春のスタート!
1クール申込でもう1クール受講料無料
 
初めてのデッサンから、それぞれの研究まで
~中高生 から芸大美大の受験生、社会人、大学生も受講できます!~
 
吉祥寺美術学院/静岡美術学院のアトリエでは、ちょっと絵をはじめたいという方から美術系高校受験、芸大美大受験に取り組む方、さらにキャリアのある社会人の方や大学生、美大生も、「発見のよろこび」を感じながら、それぞれの視野を拡げ、研究を深めるために最適な環境で学ぶことができます。
 
特集別講座(レクチャー付)
Aクール 『石膏デッサン』特集
・どうして美術を学ぶために石膏デッサンは必要なのだろう?問われ続けるテーマに真正面から取り組もう。
Bクール 『人物画』特集
・モデルを目の前にどんな世界を見つめるか。人体の基本的な構造や比率を学ぶことから、表現力まで。
Cクール 『静物画』特集
・モチーフ(対象)と舞台としての空間をどう描くか。描写とともに構成力を身に付けよう。
Dクール 『風景画』特集
・足元から見上げる天空、水平、垂直そしてスカイライン、様々な造形要素の構成から奥行きをつくることを楽しもう。
 

春期講習会パンフレット

春期講習会パンフレット
   
 

※終了しました。第2期「オトナのための文章教室」のお知らせ

※終了しました。第2期「オトナのための文章教室」のお知らせ
 
 

 

2018年2月に始めた「オトナのための文章教室」、だいたい毎週・金曜の夜、武蔵野市にあるアトリエの片隅で。案内人、講師はアトリエの国語教師でもある下窪俊哉さん。

エッセイを書いてみたい。物語を書いてみたい。自分のことを、あの人のことを、あのことを書いてみたい。とにかくいろいろ書いて(描いて)みたい。人には誰にでも「表現欲」があると思う。──その「表現」をめぐる、ことばの教室をひらきます。
 
日 時:(ほぼ)毎週・金曜の19時-21時
場 所:綜合デザイン研究所(吉祥寺美術学院)東京都武蔵野市中町3-23-13ロイヤルヒルズB1(アクセス
参加費:1回券 2,000円 ※当日、お支払いください。
 
※くわしくは下窪俊哉さんによるプライベート出版レーベル「アフリカキカク」←ウェブサイト
下窪さんによる報告文は、コチラをご覧ください。

 

お申込は吉祥寺美術学院の申込フォームからもできます。
 
 

※終了しました。「以外、以前、中枢」第三回

※終了しました。「以外、以前、中枢」第三回
 
7/22開催「以外、以前、中枢」
映画監督・七里圭の、プロジェクト「音から作る映画」の成り立ちからこれまでを、映画批評・桑野仁のインタビューで振り返る企画の第三弾!参考上映もあり!
 
くわしくはこちら↓
 
 

※終了しました「『アフリカ』をよむ会」のお知らせ

※終了しました「『アフリカ』をよむ会」のお知らせ
 

 

『アフリカ』vol.28(2018年4月号)の誕生を記念して、「『アフリカ』をよむ会」を開催することにしました! 関東在住の執筆者(5-6名)を呼んで、「かく」「よむ」を通して感じられるイロイロサマザマなことを話します。『アフリカ』最新号のプロモーションに終わらず、多様な「よむ」を提案できるような場にしたいと思っています。

もう少し詳しいこと、noteに書きました。ぜひお読みください。

『アフリカ』をよむ会
2018年6月10日(日)15時-18時 吉祥寺美術学院のアトリエにて
『アフリカ』最新号(28号・2018年4月号)持参の方=1500円/それ以外の方=2000円(『アフリカ』最新号1冊つき)
※アフターパーティー参加は別途2000円


できれば事前にお申し込みください。こちらから。お名前・メールアドレス・6/10よむ会参加希望・人数・など記入のうえご送信ください。
 
 
 
 
 
 
 
   
美大を目指し始めた日から、生涯にわたる長い美術との関わりが始まります。
ここで学ぶことがその第一歩になることを考え、受験のためだけでなく絵そのものと取り組んでもらいたい…さまざまな発見をしながらともに考え、成長する…、そう願い、ものづくりの基本に取り組んでいます。
 
美術教育は形式を学ぶことにとどまらず、いかに個々の能力を引き出すかという問題を抱えています。私たちはマニュアルに頼ることなく、それぞれの能力を生かす指導により、各々の感性に磨きをかけ、その成長の手助けをしていきたいと考えています。
 
【芸大・美大受検】では、絵画科、デザイン科などそれぞれの科目において芸大・美大が、受験生にいま何を求めているのか。その内容をもとに目標大学への合格を目指し、表現の質の向上につながる徹底した個人指導、その充実した場としてアトリエを提供したいと思います。【美術系高校受験】では、よりやわらかい時に、芸術作品に触れる環境の中でデッサンや着彩に取り組む取り組むことが重要です。作品を造ることにより養われる集中力と技術、そして創造力。なによりも絵が楽しく、やりがいとなる喜び。自信が持てるようになっていく自己存在感を育てる事を大切にしたいと思います。